Orthodontic treatment 矯正治療

Orthodontic treatmen矯正治療

インビザラインとは

インビザラインとは

透明で取り外し可能なマウスピース型の矯正装置、インビザライン。ここでは、インビザラインによる矯正治療のメリットとデメリットをご説明します。納得できる治療を受けるためには、矯正治療を始める前に、メリットだけでなくデメリットも、充分に理解しておくことが大切です。
インビザラインでは通常のワイヤー矯正と比較して治療に時間がかかると思われている方もいらっしゃいます。しかし基本的にあまり変わりません。コンピューターシュミレーションで最短経路の計画を立案することで場合によっては早く終わることもあります。通院回数も少なくすることが可能※です。

※状態がよければ2~3ヶ月に1度の来院でも可能。

また、光加速矯正(PBMヒーリング)を使用することにより治療期間を短縮することが可能です。

光加速矯正へ

Flow矯正治療の流れ

カウンセリング

まずはカウンセリングでマウスピース型装置を用いた矯正のメリット・デメリットをご説明します。マウスピース型装置は取り外しが簡単であり、根気よく治療を行う必要がある為、矯正期間や費用などについても、納得いくまでご説明致します。また気になる事や口腔内のトラブル等あれば、カウンセリング時に相談も可能です。

診断・シミュレーション(レントゲン・歯型取り)

※インビザラインの場合はiTeroで光学印象の実施

歯型を採って立体的に口腔内の確認とレントゲン写真を撮り、歯の傾きや骨格を調べます。さらに3Dカメラで歯型をスキャンして、マウスピース型装置の作製の為のシミュレーションと矯正計画を行います。

シミュレーション内容の確認、矯正計画の説明

矯正計画を元に実際にどう歯が動いていくのか、矯正完了の目標はどのような仕上がりなのか、矯正開始からゴールまでがわかるシミュレーションを見て、精度にこだわった矯正計画をご説明します。

矯正治療開始

2週間程で矯正装置が完成しますので完成後に矯正治療を開始します。装置を外すと歯が元に戻ってしまう為、1日20時間以上、食事中以外の装着を推奨します。複数の装置を一括で受け取り、1週間から10日ごと、パッケージ記載の指示どおりに装置を交換してください。また、次回来院時に装置の傾きを微調整するためのアタッチメントを歯につける処置を行うなど定期メインテナンスも行います。

Orthodontic treatmentインビザラインの
メリットとデメリット

  • Meritメリット

    • 矯正器具が目立たない
    • 虫歯や歯周病になりにくい
    • 取り外しが可能で衛生的
    • スポーツや楽器演奏に支障がない
    • 金属アレルギーの方も治療できる
    • 通院期間が少ないこともある
  • Demeritデメリット

    • 症例によっては対応していない
    • 装着忘れで治療期間が伸びる
    • マウスピース紛失の恐れがある
    • 気軽に飲食ができない
    • 治療中はこまめなケアが必要
    • 取り扱う歯科医院が少ない